会長挨拶

こんにちは、大阪小児科医会会長の松下です。kaityo-photo-matsushita
 大阪小児科医会は、子ども達の健康と幸せを願う主に大阪府内の小児科医約700名の集まりです。
皆さんは、小児科医にどのような印象をお持ちでしょうか? 小児科は発熱や咳など、子どもさんが病気をし時にだけ診察に連れて行くところだと思われていますか? そのイメージは気難しい怖いイメージ? あるいは何でも相談できる優しいイメージ? ちょっとした心配などは言いにくいイメージを持たれている方もあるかもしれませんね。

 では、私たち小児科医は皆さんにとってどのような存在でありたいと願っているでしょうか? 私たち小児科医は、病気のお子さんを診察してお薬を出して、それでおしまいという存在ではありたくはないと考えています。もちろん病気で受診された際には、そのお子さんにとって一番いい対処法や治療法を選択することを目指すのは言うまでもありませんが、同時にお子さんの発育や発達は順調か、予防接種の漏れがないか、何か困っておられることはないかなど、単に病気だけを診るのではなく常にお子さんの全体を診るようにしたいと思っています。そして保護者の方の気持ちに寄り添える医師でありたい、子育ての悩みや不安についても気軽に相談していただける相手でありたいとも願っています。皆さんの身近な存在として、ぜひ地域で診療をしている開業小児科医をご利用いただければと思います。一方で、残念ながら重篤な疾患にかかってしまったお子さんに対して専門性を有する高度な医療を行うのが病院小児科医の仕事です。地域のプライマリケア医として活動している開業小児科医、そして専門性の高い診療を実践している病院小児科医、この両者が一緒になって子ども達のために活動しているのが大阪小児科医会です。皆さんの身近に私たちの仲間がたくさんいますので、お子さんに関することは小児科医に何でもご相談下さい。子育てが難しい環境にある現在、私たちは子ども達の健やかな成長を見守り、子ども達とそのご家族の幸せを願い、そして子ども達の権利を守るために活動する、そんな小児科医会でありたいと思います。

 当医会のホームページには、皆さんの子育てに役立つ情報をできるだけ多く集めるようにしましたのでご利用いただければ幸いです。特に「子育て通信」は、ベテラン小児科医から皆さんへの心を込めたメッセージ集です。ぜひお読みいただき、何か1つでもご参考なればそれは私たちの喜びでもあります。

 1人でも多くの子ども達が幸せな生活を送れますよう、皆さんと一緒に歩みたいと思います。

(2019年(令和元年)5月25日)
一般社団法人大阪小児科医会 会長 松下 享