接種方法など

 

それぞれの予防接種には、適切な接種時期、接種回数、接種間隔などが決まっています。これらをぜんぶ覚えることは大変ですし、自分だけでしようと考えてもなかなかうまくいきません。そこで、かかりつけの小児科を決めて、普段からよく相談して、予定を立てることをおすすめします。

 

以下に、接種を始める標準的な年齢(月齢)順に、予防接種の名まえをあげておきます。その年齢になったら、できるだけ早く受けられるように準備しておきましょう。

• 2か月:ヒブ、小児用肺炎球菌、ロタウイルス、B型肝炎
• 3か月:四種混合(百日せき・ジフテリア・破傷風・ポリオ)
• 5か月:BCG
• 1歳:MR(麻しん・風しん)、水痘(2回)、おたふくかぜ、ヒブ(追加)、小児用肺炎球菌(追加)、四種混合(追加)
• 3歳:日本脳炎(1期)(生後6か月から接種することもできます。かかりつけ医に相談して下さい。)
• 4歳:日本脳炎(1期追加)
• 年長クラス(小学校に入学する前年):MR(2回目)、おたふくかぜ(2回目)、三種混合(百日せき・ジフテリア・破傷風)(5回目)、不活化ポリオ(5回目)
• 9歳:日本脳炎(2期)
• 11歳:二種混合(ジフテリア・破傷風)、髄膜炎菌
• 13歳(中学1年生):ヒトパピローマウイルス

 

なお、以下のサイトには、予防接種に関するわかりやすい情報が満載です。ぜひ参考にしてください。
 
NPO法人 VPDを知って、子どもを守ろうの会 http://www.know-vpd.jp/

 

 予防接種   投稿日:2018/08/04