接種のスケジュール

 

予防接種はその病気にかかる前に受けなければ意味がありません。それぞれの病気にかかりやすい年齢がわかっていますので、望ましい接種時期が決められています。かかる前に接種するためにも、接種できる年齢(月齢)になったら、できるだけ早く受けられるように準備しておきましょう。かかりつけの小児科医を決めて、早めに相談しておくことがおすすめです。年齢(月齢)ごとに、いくつかポイントになることを、下に書いていきます。

 

まず、生後2か月になったら、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、B型肝炎ワクチンを受けましょう。前の二つのワクチンは、赤ちゃんにとって一番恐ろしい細菌性髄膜炎を予防してくれます。どちらの髄膜炎にいつかかるかは、だれにも予想できません。また、B型肝炎に対しても早期に免疫をつけておくことが重要です。これらはできるだけ同時接種で受けてください。接種が遅れることは非常に危険です。ワクチンがあるのにかかってしまって、一生後悔するようなことのないようにしましょう。また、費用はかかりますが、ロタウイルスワクチンもぜひ2か月から同時に接種しておきましょう。

 

次に、生後3か月になったら、ヒブ、小児用肺炎球菌、B型肝炎、ロタウイルスに加えて、四種混合(百日せき・ジフテリア・破傷風・ポリオ)を受けましょう。百日咳も赤ちゃんがかかると窒息の恐れがあり、とても怖い病気です。これもできるだけ同時接種で受けて、一日も早く確実に免疫をつけてあげてください。生後5か月になったらBCGの接種も忘れずに。

 

また、1歳になったらできるだけ早く、MR(麻しん・風しん)と水痘を受けましょう。麻しんは今でも治療法のないとても重い病気です。かかってからでは遅いので、1歳の誕生日には受けられるよう、後期健診の時に予約しておくのもおすすめの方法です。費用はかかりますが、おたふくかぜワクチンも、ぜひMRや水痘と同時に受けておきましょう。

 

同時接種というのは、1回の受診でいくつかのワクチンを接種することです。先進国・途上国を問わず、世界中で広く実施されているもっとも良い方法です。多くの病気に対する免疫を早くつけることができます。どの病気にかかるかはだれにもわかりませんので、一つでも多くの病気に対して早く免疫をつけるというのは、当然のことですね。

 

ワクチンの効き目や副反応は、同時接種で増えも減りもしませんから、安心してください。むしろ、「紛れ込み」といってワクチンとは本当は関係のない副反応を起こすことも少なくなるので、より安全と言うこともできます。

 

 予防接種   投稿日:2018/08/04