ワクチンの区分

 

ワクチンにはいろいろな区分の仕方があります。「生ワクチン」、「不活化ワクチン」、「定期接種」、「任意接種」などです。

 

「生ワクチン」というのは、病気の原因となるウイルスやばい菌などの病原体の毒性を、病気が起こらない程度に弱めたものです。その病気に軽くかかったような状態になるので、自然にかかるのと同じような免疫をつけることができます。通常は1回接種ですが、予防する病気によっては2回以上の接種が必要なものもあります。
ロタウイルス、BCG、MR(麻しん・風しん)、水痘、おたふくかぜなどが「生ワクチン」です。

 

「不活化ワクチン」というのは、免疫をつける力は残しつつ、病原体の毒性を完全になくしてしまったものです。複数回の接種が必要ですが、その病気にかかったような状態にはなりませんので、より安全に免疫をつけることができます。
B型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合(百日せき・ジフテリア・破傷風・ポリオ)、日本脳炎、インフルエンザ、ヒトパピローマウイルス(子宮頸がん予防)、髄膜炎菌、などが「不活化ワクチン」です。

 

「定期接種」というのは、予防接種法という法律で接種について決められているものです。
多くは市町村から接種の連絡がきて、たいていは公費(無料)で受けられます。ただし、市町村に実施する責任があるので、かかりつけの小児科のある場所が住んでいる市町村と違うと、公費で受けられないこともあります。
ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合、B型肝炎、BCG、MR、水痘、日本脳炎、二種混合(ジフテリア・破傷風)、ヒトパピローマウイルスが「定期接種」です。

 

「任意接種」というのは、予防接種法での取決めのないものです。
「任意」という名前ですが、病気の重さには「定期接種」、「任意接種」で違いはありません。むしろ、子どもにとって必要な予防接種なのに「任意接種」のままになっているものも少なくありません。たいていは全額有料ですが、一部は公費(無料や一部負担)で受けられるものもあります。
ロタウイルス、おたふくかぜ、A型肝炎、髄膜炎菌などが「任意接種」です。

 

 予防接種   投稿日:2018/08/04