子育て通信

主な感染症の出席停止期間のめやす

病名 出席停止期間のめやす
インフルエンザ
(学校) 
発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後二日を経過するまで
インフルエンザ
(保育所、幼稚園) 
発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後三日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで、または五日間の適正な抗生物質治療が終了するまで
麻疹 解熱した後三日を経過するまで
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
耳下腺、顎下腺の腫脹が始まった後五日を経過し、かつ、元気になるまで
風疹 発疹が消失するまで
水痘 すべての発疹が痂皮化する(かさぶたになる)まで
咽頭結膜熱
(プール熱) 
主な症状が消退した後二日を経過するまで
溶連菌性咽頭炎 熱が下がり、抗生物質治療開始から24 時間経過するまで
RSウイルス感染症 強い呼吸器症状が消失し元気になるまで
特に0歳児のいる保育所などは出席停止が必要
手足口病
ヘルパンギーナ
急性期症状から回復し元気になるまで
伝染性紅斑 発疹が出現した時には感染力はほぼ消失しているので出席停止の必要なし
マイコプラスマ感染 急性期症状から回復し元気になるまで
流行性嘔吐下痢症 水様の下痢や粘血便、嘔吐がなくなり元気になるまで
あたまジラミ 治療は必要だが、通常は出席停止の必要なし
伝染性膿痂疹
(とびひ) 
乾燥するか、ガーゼで覆える範囲になるまで
伝染性軟属腫
(みずいぼ) 
出席停止の必要なし
 MEMO   投稿日:2014/07/08
一般社団法人大阪小児科医会
 〒543-0011 大阪市天王寺区清水谷町8-15 清水谷ビッグビル2F
 電話 06-6761-7613

© 2018 Osaka Pediatric Association. All rights reserved.