健診

1か月健診

 赤ちゃんが生まれて、生後1か月の時点で、お母さんとお子さんの健康チェックをするのが、「1か月健診」です。お産をされた産院や病院で受けるのが一般的です。赤ちゃんの診察は、産婦人科あるいは小児科の医師がしますが、以下、小児…[続きを読む]

学校検尿

 「腎臓が悪い」というと、おしっこが出にくいとか、むくみが出るとかという事が頭に浮かびますが、そういった症状が出てくるのは一部の「急性腎炎」や、とことん悪くなってから(末期腎不全)です。ほとんどはなんの症状もなく子ども達…[続きを読む]

学校における健康診断

 学校でおこなわれる健康診断は(1)児童生徒らの健康診断、(2)職員の健康診断、(3)就学時健康診断があります。また健康診断は定期健康診断と臨時健康診断に分けられ、その実施については学校保健安全法施行規則により定められて…[続きを読む]

乳児後期健診

 乳児健診は発育発達の遅れを早期に発見することが第一の目的です。では、毎月さらには毎日のように健診すべきなのでしょうか。いいえ、それはほとんど意味がありません。赤ちゃんの発達は一定の速度ではありません。ある時期には急にい…[続きを読む]

3 歳児健診

 3歳を過ぎると、片足で立つ、三輪車に乗れる、衣服の着脱ができる、食事をこぼさずに食べられるようになる、丸を描けるなどいろんな動作ができるようになってきます。言葉も発達し、3語文以上話せるようになり、お友達との関わりなど…[続きを読む]

3~4 か月健診

 赤ちゃんが産まれて3~4か月、お母さんもずいぶんなれてこられたころですね。  そのころ、赤ちゃんは、体重も2倍くらいになり、あやすと微笑んだり、声を出し始めたり、日に日にとてもかわいらしくなっている頃だと思います。でも…[続きを読む]

一般社団法人大阪小児科医会
 〒543-0011 大阪市天王寺区清水谷町8-15 清水谷ビッグビル2F
 電話 06-6761-7613

© 2017 Osaka Pediatric Association. All rights reserved.