生後半年から2歳ごろまで

いざりっ子(シャフリングベビー)

 乳幼児後期健診(10か月健診)で、お母さんから「まだ、はいはいがうまくできません。いつもお座りスタイルで移動します。そろそろ、つかまり立ちをするころなのに、抱っこをしても足をぜんぜん突っぱろうとしません。」と、時々相談…[続きを読む]

神経芽細胞腫

 神経芽細胞腫は神経系に由来する細胞ががん化したもので、小児では白血病、脳腫瘍に次いで多くみられる悪性腫瘍です。主として副腎から発生しますが、他に後腹膜、縦隔等の交感神経節からも発生します。化学療法と手術を組み合わせて治…[続きを読む]

乳児後期健診

 乳児健診は発育発達の遅れを早期に発見することが第一の目的です。では、毎月さらには毎日のように健診すべきなのでしょうか。いいえ、それはほとんど意味がありません。赤ちゃんの発達は一定の速度ではありません。ある時期には急にい…[続きを読む]

1 歳半以下の乳幼児の運動発達のQ&A

運動発達遅れの乳幼児をお持ちの母親がよくする質問をまとめました Q:よそのお子さんに比べて、うちの子はやや遅いと思います。運動発達の遅れをどう判定するのでしょうか A:一人歩きまでの主な運動発達を10段階にわけて、その達…[続きを読む]

乳幼児の言葉の遅れについてのQ&A

言葉が遅いお子さんをお持ちの保護者がよくする質問をまとめました Q:どの程度の言葉の遅れで、一度診察してもらった方がよいか A:(1)1歳半までに意味があっている単語が一つも言えなかったら診察を受けた方がよいでしょう。意…[続きを読む]

疳の虫ってどんな虫?

 若いお母さんたちにとって、もはや耳慣れない言葉なのでしょう。「疳の虫って何ですか?」と、時々聞かれます。  「疳」というのは、古来子どもの様々な病状を指す言葉であり、そのような状態を起こすもの(虫)が体内にいるととらえ…[続きを読む]

誤飲

 「〇〇を飲み込んでしまった」「××を食べたようだ」といってあわてて来院される乳幼児は少なくありません。お母さんは自分の不注意と不安で動揺しています。ところでどれだけの量を食べたのでしょうか。例えば乾いたタバコの葉をなめ…[続きを読む]

たばこの誤飲

あっ! たばこ食べちゃった。  動けるようになった赤ちゃんは好奇心旺盛です。  とりあえず何でも口にいれてしまいます。  赤ちゃんの誤飲のナンバー1はやっぱり、たばこ!  発生件数の約半数をしめています。 たばこの誤飲は…[続きを読む]

やけど(熱傷)

 「熱いお茶やカップラーメンなどをテーブルの上に置いている時には、お子さんから目を離さない!」や、「ポットやアイロンなどをお子さんの手の届くところに置かない!」など、普段から注意してあげることが大切です。特に3歳以下のお…[続きを読む]

乳房肥大

 女の子が子どもから大人になっていく時、身体には色々な変化がおこります。その一つが乳房肥大です。突然、乳首のしこりに気づき、乳ガンではないか、と心配して病院に来られることがあります。早い年齢で乳房肥大が始まった場合、色々…[続きを読む]

一般社団法人大阪小児科医会
 〒543-0011 大阪市天王寺区清水谷町8-15 清水谷ビッグビル2F
 電話 06-6761-7613

© 2017 Osaka Pediatric Association. All rights reserved.