生後半年から2歳ごろまで

やけど(熱傷)

 「熱いお茶やカップラーメンなどをテーブルの上に置いている時には、お子さんから目を離さない!」や、「ポットやアイロンなどをお子さんの手の届くところに置かない!」など、普段から注意してあげることが大切です。特に3歳以下のお…[続きを読む]

たばこの誤飲

あっ! たばこ食べちゃった。  動けるようになった赤ちゃんは好奇心旺盛です。  とりあえず何でも口にいれてしまいます。  赤ちゃんの誤飲のナンバー1はやっぱり、たばこ!  発生件数の約半数をしめています。 たばこの誤飲は…[続きを読む]

トイレット・トレーニング

 トイレトレーニングは育児の中でも、ママたちの多くの悩みの種です。いつまでもおむつを外せないと心配する方も多いでしょう。しかし、あせる必要はありません。発達は個人差が大きいのでお子さん達の心と成長に合わせて進めることが大…[続きを読む]

指しゃぶり

 あいちゃんは、1歳半、診察室に入ってきて、おりこうにして診察がおわり、お母さんと医師が話し始めると、右手に人形を抱きながら左手の指を吸い始めます。遊んでいる時は指を吸わないけれど、暇になると吸ってしまいます。お母さんは…[続きを読む]

誤飲

 「〇〇を飲み込んでしまった」「××を食べたようだ」といってあわてて来院される乳幼児は少なくありません。お母さんは自分の不注意と不安で動揺しています。ところでどれだけの量を食べたのでしょうか。例えば乾いたタバコの葉をなめ…[続きを読む]

1 歳半以下の乳幼児の運動発達のQ&A

運動発達遅れの乳幼児をお持ちの母親がよくする質問をまとめました Q:よそのお子さんに比べて、うちの子はやや遅いと思います。運動発達の遅れをどう判定するのでしょうか A:一人歩きまでの主な運動発達を10段階にわけて、その達…[続きを読む]

神経芽細胞腫

 神経芽細胞腫は神経系に由来する細胞ががん化したもので、小児では白血病、脳腫瘍に次いで多くみられる悪性腫瘍です。主として副腎から発生しますが、他に後腹膜、縦隔等の交感神経節からも発生します。化学療法と手術を組み合わせて治…[続きを読む]

乳児後期健診

 乳児健診は発育発達の遅れを早期に発見することが第一の目的です。では、毎月さらには毎日のように健診すべきなのでしょうか。いいえ、それはほとんど意味がありません。赤ちゃんの発達は一定の速度ではありません。ある時期には急にい…[続きを読む]

卒乳

 まだ母乳をのませている、もうすぐ3歳になる男の子を持つお母さんに聞きました。  夜中だけのませているの? 休みの日は昼間でも息子が「おっぱいちょうだい」って寄ってきたら飲ませているわ。  夜中の授乳はしんどくないの?ち…[続きを読む]

左利き

 「天才に左利きが多い」。そういえば、ダ・ビンチやミケランジェロも左利きでした。  そもそも人間の体はほぼ左右対称にできていますが、大脳は左右に分かれていて右脳が左半身を、左脳が右半身を支配しています。また、運動や感覚な…[続きを読む]

一般社団法人大阪小児科医会
 〒543-0011 大阪市天王寺区清水谷町8-15 清水谷ビッグビル2F
 電話 06-6761-7613

© 2017 Osaka Pediatric Association. All rights reserved.