集団生活

働きながら子どもを育てる

 汗水ながして働かないと食べていけない時代がずーと長くありました。子どもたちは働く両親、祖父母など家族のそばで育てられ、大きくなるにつれ出来る仕事を手伝ってきました。ところが、都市化・核家族化がすすむなかで母親が外で働く…[続きを読む]

キャリアを積みながら充実した子育てを

 キャリアを積んでいる途上の女性にとって働きながら子どもを育てることは大変な事です。その大変さ故に、子どもを持つことをためらう女性が増えています。また作ろうと思った時には年齢が上がり、なかなか子宝に恵まれないという問題も…[続きを読む]

おっぱい 仕事を続けていてもあげたい

 私が若かった頃、私の娘達は僅か生後1か月半から保育園に預けられることになりました。預けた時に、悲しそうに泣かれるとたまりません。仕事を始めてもおっぱいが張ってきて嫌でも我が子の事を思い出します。そして仕事の合間に搾乳・…[続きを読む]

保育所に入所する

【A子さんへの手紙】  A子さん、今度長男のBちゃんが保育所に入ることになったんですってね。産休・育休が終わってお仕事に復帰するのね。きっと今、仕事への期待と保育所にBちゃんをあずける不安とが交錯していることでしょう。A…[続きを読む]

保育園生活

 近年、子ども達は多くの時間を保育園で過ごすようになってきました。集団生活の中で、お友達との楽しい触れ合いを知り、おもちゃの取り合いに始まる人間関係のあつれきの洗礼を受け、社会性を学び成長していきます。先生の真似をしたり…[続きを読む]

病児保育

 「入園してからよく熱を出し仕事中に呼び出されます」、「明日熱が下がれば、保育所に行けますか?」、小児科の診察室では、このような会話が日常的に交わされています。保育所調査によると、4月から7月にかけて実に83%の園児が体…[続きを読む]

学校医、園医そして保育所嘱託医

 保護者の皆さん、子どもさんが病気になった時に診てもらうお医者さんは決まっていますか?  子どもさんの体の調子が悪い時や子どもさんの健康について困った時に相談したり、診察してもらう小児科医を普段から決めておいて下さい。こ…[続きを読む]

一般社団法人大阪小児科医会
 〒543-0011 大阪市天王寺区清水谷町8-15 清水谷ビッグビル2F
 電話 06-6761-7613

© 2017 Osaka Pediatric Association. All rights reserved.