子供が病気になったとき家庭でのケアと心得

子どもが病気の時

 子どもが病気のとき、お母さんが一番困ります。 あわてて、お祖母ちゃんに電話をして、看病にきてもらったり、夫婦どちらかが年休をとる家庭もあります。保育園は、病気の子どもを預る施設ではありませんから、家政婦さんやベビーシッ…[続きを読む]

経口補水液と脱水症

 小児科で点滴を受けられたことがありますか?きっとお子さんは泣いちゃったでしょうね。以前は小児科で脱水症の治療と言えば、点滴が主流でした。でも、現在は重症の脱水症でない限り、経口補水液を飲ませて脱水症を治療する方法が広ま…[続きを読む]

「感染症」とのおつきあい

 子どもが一番よくかかる病気、それは「感染症」です。「感染症」は微生物(ウイルスや細菌など=病原体)がヒトの体内に侵入しておこる病気です。子どもは育っていく過程で次々といろいろな感染症にかかります。子育て中、上手に感染症…[続きを読む]

「かぜ」ってなんでしょう?

 せきや熱がでて受診すると、医師から「かぜでしょう」とよくいわれますね。子どもはよく「かぜ」をひきますが、実はどんな病気なのでしょうか。 「かぜ」は病原体が鼻やのどに感染しておこり、自然に治る病気です。  病原体の大部分…[続きを読む]

「かぜ」をひいたとき:知っておきたいこと

「かぜ」を治す薬はありますか?  「かぜ」の原因の大半を占めるウイルスには特効薬はありません。(インフルエンザのみ、抗ウイルス薬があります。)抗生物質は細菌には効きますが、ウイルスには無効です。いわゆる「かぜ薬」とは、咳…[続きを読む]

熱の測り方

 子どもの身体に異常を感じた時に体温を測ることは大切なことです。ただでさえじっとしているのがむずかしい幼児が熱を出して機嫌の悪いとき体温を正確に測るのは大変ですが病気の状態や経過を示す大切な情報ですから出来るだけ正確に測…[続きを読む]

発熱で頭がわるくならないか

 体温の異常な上昇、すなわち発熱は病気の兆候の一つであり、からだを守る反応としても重要な役割を担っています。子どもの正常な体温は、年齢、測定時間、運動・食事・入浴などにより変化し個人差もあります。体温調節のしくみについて…[続きを読む]

いつ冷やすどこ冷やす

 発熱は本来正常な生体防御反応、つまり病気と闘う反応ですので、必ず下げなければならない訳ではありません。でも、本当に熱が高くてつらそうなときには坐薬を使ったり、冷やしたりすると思います。今日は冷やすと言うことを考えてみま…[続きを読む]

薬の飲ませ方

「先生、お薬は何時と何時に飲ませるんですか」「お薬は、ほかのものにまぜて飲ませてもいいんですか」「うちの子、お薬を嫌がって飲んでくれないんです」    お薬の飲ませ方について、よく質問されるのはこの3つです。お…[続きを読む]

貼付型冷却剤をどう使うか

 子どもが病気になったときに使われるもので、ここ15年ほどのうちに急速に一般化したものとして貼付型(シート型)冷却剤があります。熱さまシート、冷えピタなどという商品名で売られているものです。なぜあんなものでひんやりとする…[続きを読む]

一般社団法人大阪小児科医会
 〒543-0011 大阪市天王寺区清水谷町8-15 清水谷ビッグビル2F
 電話 06-6761-7613

© 2017 Osaka Pediatric Association. All rights reserved.