子育て通信

長引く鼻水

 子どもさんの鼻水が長引くとき、どう考えれば良いのでしょうか?  原因は、カゼか、アレルギーかのどちらかです。小さい子ほどカゼが原因となりやすく、年長から小学校くらいの子どもではアレルギーが原因になることが多くなってきま…[続きを読む]

扁桃炎

 主に口蓋扁桃(こうがいへんとう)に炎症をおこす病気です。のどちんこの左右にある口蓋扁桃が赤くなって腫れたり、扁桃表面が白色の膿(うみ)でおおわれます。 原因  ウイルス感染によるものと細菌感染によるものがありますが、多…[続きを読む]

鼻血

 「この子はしょっちゅう鼻血を出します。何か悪い所があるのでしょうか。」とよく聞かれます。お母さんの聞きたいことは、鼻血が出た時にどうすればよいか、血液の病気がないかということでしょう。鼻の入り口には毛細血管が多いので、…[続きを読む]

急性中耳炎

 急性中耳炎は生後6か月から3歳くらいまでの乳幼児によくみられる病気です。  かぜなどがきっかけになって、鼻やのどにいる細菌が耳管(鼻の奥と耳の奥をつなぐ管)を通って中耳腔(鼓膜の奥にある小さな部屋)に入り込み、炎症をお…[続きを読む]

いびき

 いびきは睡眠中に弛緩した軟口蓋が振動し、咽頭が狭くなり、発生する異常な呼吸音です。大人顔負けの大きないびきをかく子供もいます。持続しないいびきは問題ありませんが、いびきが持続し、呼吸をしない(無呼吸)症状を伴うか否かに…[続きを読む]

クループ(喉頭炎)と喉頭蓋炎

クループ(喉頭炎)  喉頭はのどの奥から気管の始まるまでの部位(上気道)を言います。この部位の炎症はクループとか喉頭炎と呼ばれています。症状は声がかすれたり、犬の吠えるような咳をしたり、息を吸う時にゼーゼーを認めることな…[続きを読む]

アレルギー性鼻炎

子どもの花粉症  毎年2~5月になるとくしゃみ・鼻水・鼻詰まりに悩まされるスギ花粉症は、スギ花粉によるアレルギー性鼻炎・結膜炎をいいます。花粉症は4~5歳以降に発症することが多いのですが、最近低年齢でも増えてきています。…[続きを読む]

一般社団法人大阪小児科医会
 〒543-0011 大阪市天王寺区清水谷町8-15 清水谷ビッグビル2F
 電話 06-6761-7613

© 2017 Osaka Pediatric Association. All rights reserved.