医会について

閲覧の皆様へ

 一般社団法人大阪小児科医会の生い立ちと現在の活動の概要を紹介します。

 大阪小児科医会は、昭和51年9月25日、「大阪府内において小児とその家族に最も親しく接する医師が、小児医学の研鑽に努め、専門的立場に立脚して小児医療の向上、小児保健および福祉の充実、普及を図りもって小児の健全育成に寄与すること」を目的に発足しました。発足当時は、総務、学術、地域医療、健保、広報の5つの委員会が組織されましたが、その後各委員会は総務、学術、プライマリ・ケア、情報、広報、勤務医の各部会と再編・改称されました。各部会を中心とした医会活動は内外に高く評価されるところとなり、平成3年8月に社団法人大阪小児科医会として承認され、平成25年には一般社団法人大阪小児科医会に組織変更され現在に至っています。各部会は時代とともに整理・統合され、現在は総務、学術、プライマリ・ケア、情報・広報、医業経営、病診連携の6部会が精力的に活動しています。

 以下に歴代の会長を紹介します。

初代 (昭和51年~平成2年) 安達雅彦
2代目 (平成2年~平成10年) 川田義男
3代目 (平成10年~平成15年) 岡本健治
4代目 (平成15年~平成17年) 大林一彦
5代目 (平成17年~平成21年) 蔭山尚正
6代目 (平成21年~平成25年) 小川 實
7代目 (平成25年~平成29年) 武知哲久
8代目 (平成29年~) 田尻 仁

 

各部会の活動を紹介します。

 総務部会は、700名近く在籍する会員の状況を常に把握しながら会員相互の親睦や福利厚生を充実させ、医会全体の財務管理から諸々の雑務に至るまで幅広い業務に関わっており、言わば医会の「かなめ」として重要な任務を果たしています。

 学術部会では小児医療について最新の知識や話題の問題を取り上げ、その分野の先駆者を講師に招いて年に3回の学術集会(講演会)を開催しています。

 プライマリ・ケア部会では、子育て委員会、心身発達検討委員会、感染症対策委員会、在宅小児医療委員会、被虐待児養育環境問題検討委員会の各委員会活動を通じて、子どもの生活や育児にもっとも身近な仕事を実行しています。   

情報・広報部会は、年に4回の会報を発刊すると同時に、速報性のある情報を掲載したISOPを毎月発行し、会員にとって迅速かつ有意義な小児科関係の情報を配信しています。またホームページの管理・運営にも携わっています。

 医業経営部会は、社会保険委員会および経営検討委員会を擁し、小児の社会保険制度の情報収集と検討を行い、小児科医療機関の経営が潤滑に出来るような情報を入手・提供しています。
 病診連携部会は、開業・勤務小児科医が連携し、障がい児問題検討委員会、病院勤務医ネットワーク委員会、救急委員会の各委員会で積極的な活動が行われています。

 以上、今後とも大阪小児科医会の活動をご支援下さい。またこのホームページをはじめ、医会の活動、情報をこれからも遠慮なくご利用下さい。

(情報広報部会 担当副会長)

一般社団法人大阪小児科医会
 〒543-0011 大阪市天王寺区清水谷町8-15 清水谷ビッグビル2F
 電話 06-6761-7613

© 2017 Osaka Pediatric Association. All rights reserved.