医会について

閲覧の皆様へ

 一般社団法人大阪小児科医会の生い立ちと現在の活動の概要を紹介します。

 大阪小児科医会は昭和49秋から設立のための準備会を経て、昭和51年9月25日に総務、学術、地域医療、健保、広報の各委員会で発足しました。当会の目的は「大阪府内において小児とその家族に最も親しく接する医師が、小児医学の研鑽に努め、専門的立場に立脚して小児医療の向上、小児保健および福祉の充実、普及を図りもって小児の健全育成に寄与すること」と一般の方には多少とも馴染みくい文が用意されましたが、実際の活動はあとで述べるようなものです。その後各委員会は整理統合され、総務、学術、プライマリ・ケア、情報、広報、勤務医の各部会と改称され、部会の事業は発展していきました。その結果、医会の公益的事業は内外に高く評価されるところとなり、平成3年8月に社団法人大阪小児科医会として承認され現在に至っています。平成15年4月からは総務、学術、プライマリ・ケア、情報広報、小児医療経営、勤務医の各部会に再び整理統合され、平成17年4月からは救急部会が新たに新設されています。

 以下に歴代の会長を紹介します。

初代 (昭和51年~平成2年) 安達雅彦
2代目 (平成2年~平成10年) 川田義男
3代目 (平成10年~平成15年) 岡本健治
4代目 (平成15年~平成17年) 大林一彦
5代目 (平成17年~平成21年) 蔭山尚正
6代目 (平成21年~平成25年) 小川 實
7代目 (平成25年~) 武知哲久

 各部会の活動を紹介します。

 総務部会は700名近く在籍する会員との連絡を取り、開業されている先生や勤務されている先生の状況を常に把握する仕事をしています。

 学術部会では小児医療について最新の知識や話題の問題を取り上げ、その分野の先駆者を講師に招いて年に5回の学術集会(講演会)を開催しています。そのうち夏に行われる集会は談話会として医療および保育・小児福祉関係者の参加を呼びかけ、大阪地域における小児保健および福祉の充実を図っています。

 プライマリ・ケア部会ではインフルエンザや麻疹といった小児にとって重要な感染症の情報を交換するサーベイランス事業というものを実行したり、予防接種が小児に不利益のないよう実施されるように情報を流したり、小児医療や保健に関係するポスター、パンフレットなどを作成しています。さらに年に一回保育サービス付きの市民公開講座を開催し、内容とともに子育て支援をサポートしています。ほかにも沢山の活動をしていて、子どもの生活や育児にもっとも身近な仕事を実行しています。

 情報広報部会は年に4回の会報を発刊し、小児科関係の情報や会員の活動を報告しています。さらに会員専用のISOPという速報ニュースを毎月発行して、会員に迅速な小児科関係情報を流しています。またこのホームページの企画、作成も担当しています。

 小児医業経営部会は小児科医療機関の経営が潤滑に出来るような情報を入手、提供し、同時に少子化の問題にも取り組んでいます。さらに実際の小児医療の現場で家庭の医療費負担が少なくてすむように行政や関係の機関に働きかけをしています。
 勤務医部会は勤務小児科医の立場で考えた問題点を取り上げ、小児医療、福祉に関連した社会活動をしています。最近では特に障害者の医療に取り組んでいます。

 救急部会は問題とされている小児救急について、いろいろなところで議論されまとまりのつかなかった事柄を小児科医の立場からまとめ上げ、完成度の高い小児救急が実行されるよう活動しています。大阪府の小児救急電話相談事業の開始時には、医会全体で全面サポートして事業の運行を助けました。

 以上が概要です。大阪小児科医会の活動をご支援下さい。またこのホームページをはじめ、医会の活動、情報をこれからも遠慮なくご利用下さい。

(情報広報部会 担当副会長 )

一般社団法人大阪小児科医会
 〒543-0011 大阪市天王寺区清水谷町8-15 清水谷ビッグビル2F
 電話 06-6761-7613

© 2017 Osaka Pediatric Association. All rights reserved.