日本小児科学会の予防接種スケジュールが改定されました

 

 平成30年8月1日に日本小児科学会の推奨スケジュールが改定されました. 学童期以降の百日咳とポリオに対する免疫を維持するため、就学前の3種混合ワクチンと不活化ポリオワクチンの追加接種が推奨されています. また、定期接種の2種混合ワクチン(11・12歳で接種)を3種混合ワクチンに代えることもできます. すべて任意接種ですが、目の前にある罹患リスクへの対策として、これらの追加接種をお勧めします。詳細は「日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール( http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=138 ) をご参照ください.

(感染症対策委員会 )

  この記事は大阪小児科医会ISOP第272号(2018/08/24発行)に掲載されています。
  ISOP(Information Services for Osaka Pediatricians)は大阪小児科医会が会員向けに毎月発行している
  ニュース速報です。
  小児医療・保健等に関する役に立つ情報、学会・集会案内を迅速にお伝えしております。

 

 未分類   投稿日:2018/09/10